table pumpkin

視覚障害を隠して超一流ホテルマンに!実話ベースのハートフルコメディ

 

映画を紹介するとき、ジャンルを何とするか迷うことがある。ホラーかスリラーか、ヒューマンドラマかアクションか…などなど。

しかし今回ご紹介する映画『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』については、感動のヒューマンドラマにしろハートフルな人間ドラマにしろ、この一言は外せない。本作は“コメディ”だ。

 

f:id:kabo123:20180108154255p:plain

(公式サイトより)

 

『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』は実在の人物、サリヤ・カハヴァッテ氏の青年時代の実話をベースに生まれた物語。

主人公・サリヤ(コスティア・ウルマン)は国際的なホテルで働くことを夢見る高校生。ところが先天性の病を発症し、視力の95パーセントを失ってしまう。光は感じるしルーペで字を読むこともできるけど、すべてのものがボワンとぼやけている。いうなれば強烈に度の強い眼鏡をかけたようなイメージだ。

それでも夢をあきらめたくないサリヤは考えたすえ、なんと障害があることを隠して五つ星ホテルに応募。入念な下準備をして面接に臨み、無事研修生の椅子をゲットする。

でも問題はここから。研修はもちろんサリヤに視覚障害がない前提ですすむ。しかしベッドメイクも掃除も「こうやります」と実演されてもサリヤには見えない。一歩間違えたら指を切り落としそうな機械でハムを切れとも指示される。

サリヤは超いいヤツ(かつ超ハンサム)なので観客はもちろん彼の味方。どうするんだっ、大丈夫かっとハラハラ見守る。

 

f:id:kabo123:20180108172057j:plain

 

しかし「見えてる・見えていない」の認識のちがいが生むのはハラハラだけじゃない。カルチャーギャップにしろジェネレーションギャップにしろ、認識のちがいあるところに喜劇あり。本作はこの特殊な設定からひねり出せるギャグを、ひねり出せるだけひねり出しているのだ。

例えばあるスタッフは手を振ったのに彼に無視されたと思って落ち込むし、あるマダムはルームサービスにきた彼の前でンバッとガウンを脱ぎ捨てて見せたのに、眉1つ動かしてもらえずあっけにとられる。全編とおして鉄板ネタとして使われていた“握手”は、相手の反応も含めてぜひ注目してほしい。

 

このように本作のギャグは認識のちがいから生み出されているもので、そのベースにあるのはサリヤの視覚障害だ。冷静に考えると本作をコメディにするのにはリスクがあったかもしれない。「認識のちがい」ではなく「障害」そのものを笑っているように見えたら絶対にアウトだからだ。

また現実に視覚障害を乗り越えて夢をかなえるというのは並大抵のことじゃないし、血のにじむような努力があったはず。ならばもっとヒューマンドラマよりにして、親友もヤリチンのボンボンなんかじゃなくもっとちゃんとした人にする方向性もあったと思う。

 

f:id:kabo123:20180108172118j:plain

 

それでも“コメディ”で行く、という選択をしてくれたことに、個人的には拍手を贈りたい。なぜなら“笑い”というものは、誰かにメッセージを伝えたいとき最も役に立つラッピングだからだ。(もちろん、ギャグにちゃんと笑えるおもしろさがあればだけど…)

本作には観ている人に伝えたい明確なメッセージがある。それは「ほら!努力すれば夢はかなうのよ!努力よ~努力!」という筋肉マッチョなメッセージじゃない。

もちろん努力することで可能性を見いだせることの素晴らしさも伝えているけれど、本作がそれ以上に伝えようとしているのは助け合うことの素晴らしさだ。

誰だって完璧じゃない、だから弱点を認め合おう。一人ではできなくても助け合ったらできることがある。そういうメッセージなのだ。

メガホンをとったマルク・ローテムント監督の次のコメントからも、本作が単なるサリヤのサクセス・ストーリーじゃないことが感じられる。

 

この物語でサリヤのいわゆる「障害」は大なり小なり僕たちそれぞれが持っている欠点の鏡だ。サリヤの「騙し方」は人生を切り抜けるために僕たちの多くが使っている小さな企みや傷を表しているんだ(パンフレット)

 

認識のちがいが生む数々の秀逸なギャグで暖かいメッセージを包み込んだ本作、今年最初の一本にぜひ。

 

映画公式サイトはこちら(1月13日より順次公開)

 

 

 

 

未体験ゾーンの映画たち2018開幕!個人的に観たい10作品

 

映画イベント『未体験ゾーンの映画たち2018』が本日1月6日、いよいよスタートします!

上映されるのは様々な理由で日本公開が見送られている世界中の傑作・怪作61作品。期間は1月から4月上旬にかけて、劇場はヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田です。

 

f:id:kabo123:20180105221851p:plain

(公式サイトより)

 

1月5日に催された前夜祭ではゲストの高橋ヨシキさん、てらさわホークさん、MCの多田遠志さんが作品に解説やちゃちゃを入れるトークショーをまじえて、全作品の予告編が上映されました。

筆者も前夜祭にはぼっち参加し、ビール片手に楽しませていただいたのですが、実際に予告編を連続で観ていると「61作品ってすごくボリュームあるなぁ」と実感。
イベントに興味を持ちつつ「でもどれを観ればいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は筆者がほろ酔い状態で観て「おもしろそう、観たい!」と感じた10作品の予告編をご紹介いたします!

 

  

第10位 Z Inc. ゼット・インク(アメリカ/1月6日〜)

クビにされ社長を恨む社員が人類凶暴化ウィルスに感染したら?パニックアクション

 

  

第9位 フューリアス 双剣の戦士(ロシア/2月3日〜)

ロシアの伝説の戦いを壮大なスケールで映像化したソードアクション 

 

 

第8位 アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(フランス/1月18日〜)

アリバイ提供会社のトラブルが大騒動を巻き起すヒャッハー!なコメディ

 

 

第7位 アンダードック 二人の男(韓国/1月13日〜)

 不良少年vs裏社会の男、ソウルのストリート・クライム・アクション!

 

 

第6位 ファースト・キル(アメリカ/1月16日〜)

誘拐された息子を救うべく父親と1人の警官が犯人を追う、ノンストップアクション

 

 

第5位 ニューヨーク、愛を探して(アメリカ/1月13日〜)

5人の母親がそれぞれ見つける答えとは?心温まるヒューマンドラマ

 

 

第4位 ブラインド・スポット 隠蔽捜査(ベルギー/2月10日〜)

息子の犯罪を隠蔽した名刑事の運命は?衝撃のクライム・アクション

 

 

第3位 ロスト・シティZ 失われた黄金都市(アメリカ/1月27日〜)

古代都市を見つけるべくアマゾンの奥地を進む冒険家の物語

 

 

第2位 ゲット・アライブ(アルゼンチン・スペイン/1月13日〜)

美人局の詐欺師コンビvs凶悪マフィアのコメディ・アクション!(詳細はこちら)

(※予告編が公式YouTubeにまだなかったため画像)

f:id:kabo123:20180105223341j:plain

(公式サイトより)

 

 

第1位 68キル(アメリカ/1月6日〜)

 ろくでなしどものバトルロイヤル!ブラックでバイオレンスなコメディ・スリラー

 

 

以上、前夜祭で観て「おもしろそう、観たい!」だった予告編10作品をご紹介いたしました!

「そんな独断と偏見と酔いにまみれたランキングなんてアテにならん」とおっしゃる人、全作品の情報がのっている公式サイトはこちらです!

https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2018

 

 

 

www.kabo-cha.com

 

 

【新春特集】爆笑と元気がもらえる、中年ダメンズのショータイム!

 

新春特集も3記事目となりました。三が日も今日でおしまい、明日からまた仕事か…とげんなりしている人も少なくないのでは?

そんな憂鬱な気分を思いっきり吹き飛ばしてくれる映画がこちら!
不況に見舞われた田舎町に暮らす中年ダメンズが一攫千金を狙い男性ストリッパーを志す、イギリスのコメディ映画『フル・モンティ』。

爆笑必至ながらただのおバカ映画じゃない本作の魅力をご紹介します!

 

f:id:kabo123:20180103111055j:plain

(フォックスサーチライトピクチャーズ)

 

 

あらすじ

舞台は90年代のイギリス。不況に見舞われた田舎町に暮らすガズ(ロバート・カーライル)は、10年勤務した工場の閉鎖にともない失業。新しい仕事を見つけられず、コソ泥で日銭を稼ぐ生活を送っていた。ついには離婚した妻から「養育費を払えないなら息子は自分の単独親権にする」と言い渡される。

このままでは愛する息子と会えなくなってしまう…追い詰められたガズが思いついた大金を稼ぐ方法、それはストリッパーとなりステージに立つこと。同じく金を必要としている5人の仲間が結集し、ハダカ一貫から一攫千金を狙う大勝負が幕を開ける!

 

 

傷つきやすい男たちの大奮闘に拍手!

大金を得るべく一夜だけストリップダンサーになる決心をした主人公たち。しかし年齢は全員中年以上です。割れた腹筋もピチピチのお肌も持たない彼ら、当然自分の外見に自信がある人はゼロ。

ある男はパンパンのお腹、ある男はシワの浮いた肌を気にし、「俺たちは女を見てデブだのババアだのあれこれ言うだろ?今度は俺たちが言われるんだ」と、ステージが近くにつれ繊細な一面を見せ始めます。

それでも他に手はない!彼らは走り、踊り、リハーサルを重ね、ストリップ・ダンスを猛特訓!ついには街中で音楽が聞こえてくると無意識にステップをふむほどのめり込んでいきます。不安に揺れながらも大真面目に体をくねらせる彼らの勇姿には、笑わずにいられないのと同時に、拍手を送らずにいられません!

 

 

女性ほどシンプルに生きられない男たち

実は不況といっても町にまったく仕事がないわけじゃなく、バイトならあります。しかし「そんなつまんない仕事」をおそらく最低ラインの時給であくせくやるのは、男のプライドが許さない。一方で女性たちは工場でもデパートでもどんどん働く。不況なんてなんのその、実にシンプルに人生を生きています。

一般的に男より女性の方が、社会の中で働く上でハンデを背負わされるもの。しかし不況や失業といった「いざ」という時には、男は「プライド」と言う足かせが大きなハンデに。この足かせは人前で素っ裸になることは許しても、おばさんと並んで梱包係をやるのは絶対に許しません。

女性ほどシンプルに生きられない男たちの葛藤が伝わってくるからこそ、それを脱ぎ捨てたように吹っ切れた笑顔のラストは爽快そのものです!

 

 

三が日の締めに、笑って元気をチャージしよう!

例え間違っていようとも誰に笑われようとも、やると決めたら全力でやりきる!

そんな愛すべき中年ダメンズの一世一代の大奮闘は、観る人みんなに元気をチャージしてくれます。

「まだお正月気分でやる気でな〜い…」なんてグータラした気分は本作を観て、爆笑とともに吹き飛ばしてしまいましょう!

 

映画の口コミはこちら!

 

video.foxjapan.com

 

フル・モンティ
THE FULL MONTY
監督 ピーター・カッタネオ
脚本 サイモン・ボーフォイ
製作 ウベルト・パゾリーニ
キャスト ロバート・カーライル、トム・ウィルキンソン、マーク・アディ
作品詳細 1997年、イギリス

 

 ★こちらの映画もおすすめ!

www.kabo-cha.com

www.kabo-cha.com

 

 

 

【新春特集】こんなお父さん最高!おいしい料理がつなぐ父子の絆

 

三が日も2日目。お正月は普段仕事が忙しいお父さんにとって、お子さんと一緒にいられる大事な時間ですよね。

親子でお雑煮を食べながらゆっくり過ごす正月タイムに、ぜひおすすめしたい映画がこちら!有名料理店をケンカ辞めしたバツイチの名シェフが、息子と仲間とフードトラックでアメリカ横断するヒューマンコメディ『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』。

離れて暮らす父と息子が料理を通して絆を深めていく、笑いあり涙ありの感動作です!

 

f:id:kabo123:20180102083920p:plain

(映画公式サイト) 

 

 

あらすじ

バツイチのカール(ジョン・ファブロー)は有名レストランのシェフ。料理の腕は一流で総料理長を任せられているものの、保守的なオーナーのもと自由に料理と向き合えず悩む日々。仕事に気をとられ、元妻と暮らす息子との関係もギクシャクしていた。

そんなある日、批評家に料理をボロクソに叩かれたことでカールのうっぷんはついに爆発!大暴れのすえ店を辞めてしまう。

落ち込むカールだったが元妻の支えもあり、新たなビジネスを始めることに。それは故郷マイアミのサンドイッチをフードトラックで販売するものだった。

息子と仲間とトラックに乗り込み、カールはアメリカ中でサンドイッチを売る旅に走り出す。

 

 

当初はカッコ悪い父親

主人公・カールは一見ちょっとダメ男。本当は新作で勝負したいのにオーナーの苦言で自信をなくし、批評家にいつものメニューを出してしまう。ついに我慢の限界を迎えた時も大人の対応なんてできず、人前で「こんなのひどいじゃないかァッ」と半ばパニック状態の大騒ぎ。(しかもその映像がネットで拡散…)外見もけしてイケメンではありません。

元妻が超美人かつ社会的にも大成功している「デキる女」なだけに、当初のカールはどうにも冴えない。シェフとしては一流だけど中身は子ども、そんな印象なんですね。

息子も、カールのことは大好きで懐いていますが、父として尊敬というより友達父子っぽい雰囲気です。

 

f:id:kabo123:20180102084233j:plain

(映画公式サイトより)

 

 

実はすごくいい父親だった

そんなカールの父親としての印象が変化するのは、店を辞め息子とフードトラックをオープンすることになった時。裕福な家のモヤシ育ちの息子、きつい作業は「ヤダ!」と駄々をこねます。そんな態度にカールも初めて息子を怒鳴りつけてしまう…

しかしカールがすごいのはここから。逃げ出した息子を追いかけ謝るんです。そして二度と感情的になることはありませんでした。

その代わり料理ナイフを買ってあげ、無理なくできそうな調理の作業を任せ、まず料理の楽しさを知ってもらおうとします。
また、息子が問題のある言動をとった時は「なぜダメなのか」をきちんと説明するように。

これって…理想的な子どもの育て方なんじゃ?前半の子どもっぽいカールを知っていると意外ですが、本当は父親としてすごくできた人だったんです。

 

f:id:kabo123:20180102084045j:plain

(映画公式サイトより)

 

 

親も子どももそれぞれジーンとくる映画

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』はPG12(12歳未満は鑑賞に保護者の助言が必要)ですが、ベッドシーンも暴力シーンもなし。(下ネタ系の悪態セリフが少しとカールが店で「ひどいじゃないかァ」と暴れるシーンくらい)個人的には小学生が観ても大丈夫な作品だと思います。

親の視点からも子どもの視点からもそれぞれにジーンとくるものがあるストーリーなので、ぜひ親子で美味しいものを食べながら楽しく観てほしい映画です!

 

映画の口コミはこちら!

 

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました
Chef
監督・製作・脚本 ジョン・ファブロー
キャスト ジョン・ファブロー、ソフィア・ベルガラ、エムジェイ・アンソニー
作品詳細 2014年、アメリカ

 

 ★こちらの作品もおすすめ!

www.kabo-cha.com

 

 

【新春特集】観ると思わずポジティブになってしまう建築ラブコメ!

 

新年あけましておめでとうございます。

新たな1年の始まりに胸をワクワクさせ、充実した年にするぞー!と意気込んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんなポジティブなスタートを切りたいときにぴったりの映画がこちら!ちょっとおバカな天才建築家の女性が男社会のイタリア建築界で大奮闘するドタバタコメディ『これが私の人生設計』。

観終えた後には思わずポジティブになってしまう、本作の不思議な魅力に迫ります!

 

f:id:kabo123:20180101172830j:plain

(映画公式サイト)

 

 

あらすじ

世界を舞台に活躍する天才建築家・セレーナ(パオラ・コルテッレージ)。ところが母国イタリアに帰ると「女はお呼びじゃねえ」という社会システムに直面、ろくに仕事もとれずバイトで日々をしのぐ有様に。

家族からは結婚はまだかとヤイヤイ言われ、優しいイケメンに恋したらゲイだったというオチがつく、うまくいかない毎日…

しかしセレーナはへこたれない。持ち前のポジティブ精神で奮闘する彼女が思いついたのは、男と偽って公募に応募すること。おかげで見事採用されるも、そこからさらに嘘を重ねるはめに。はたしてセレーナの運命は?

 

 

みどころ

小さな田舎町で育ったセレーナは自然体で素朴な女性。そして何より超前向き!

海外で華々しく活躍してきたエリート建築家にとって、ワガママ一家や成金オヤジ相手の小さな仕事なんてやってらんないのでは…と思いきや、セレーナはどの仕事も真摯に対応。お金がなくなればウエートレスのバイトだって嬉々としてやるほど。そう、逆境にいてもけしてクサらず夢を追い続ける人なんです。

こういうポジティブな人というのは、周りにも勇気を与えるもの。セレーナのガッツは彼女と同じく社会システムに苦しんでいた、たくさんの人たちの心を動かしていきます。

 

f:id:kabo123:20180101172941j:plain

(映画公式サイト)

 

 

まとめ

お話の中だけじゃなく観客にもセレーナのエネルギーが伝染してくるこの作品。

そこかしこに散りばめられたアホらしさ満点のギャグに笑い転げ、観終えた時には「なんかうまくいくかも!」というポジティブな楽観主義になってること間違いなしです!

 

映画の口コミはこちら!

 

 

 ★こちらの映画もおすすめ!

www.kabo-cha.com

 

 

 

インスタで振り返る2017年に劇場で観た映画ベスト10

 f:id:kabo123:20171231204904j:plain

 

私がInstagramを使い出したのは今年の始めのことで(多分)、もうすぐ1年になる。アップする写真は、当初からそう決めていたわけじゃないけど、気づいたら映画まみれになっていた。

その多くは劇場で観た作品だ。今写真を見返してみると、この作品を観たのはこの頃だったのか〜としみじみする。テキストで一言感想もつけているため、こんな印象だったのか〜とまたしみじみして、また観たいなあと思ったりする。

というわけで、今年劇場で観た映画の中からもう1回観たい作品ベスト10をまとめてみました。

 

 

第10位 7日目 (10月14日鑑賞)

 

7日目
En el séptimo día
監督 ジム・マッケイ
キャスト フェルナンド・カルドナ、ヒルベルト・ヒメネス、アベル・ペレス
作品詳細 2017年、アメリカ

 

アラサー男性なら絶対共感できる日常系ラテン映画『7日目』 - table pumpkin

 

 

第9位 トッド・ソロンズの子犬物語 (1月15日鑑賞)

 

トッド・ソロンズの子犬物語
Wiener Dog
監督・脚本 トッド・ソロンズ
キャスト ダニー・デビート、グレタ・ガーウィグ、キーラン・カルキン
作品詳細 2015年、アメリカ

 

ダメ男映画好きを120%納得させる怪作『ダークホース ~リア獣エイブの恋~』 | ヌートン 新たな情報未発見メディア ※同監督別作品の記事

 

 

第8位 ゲット・アウト (10月29日鑑賞)

 

ゲット・アウト
GET OUT
監督・脚本 ジョーダン・ピール
製作 ジェイソン・ブラム
キャスト ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ 
作品詳細 アメリカ、2017年 

 

ちゃんと怖がらせてから笑わせます!ホラー映画『ゲット・アウト』 - table pumpkin

 

 

第7位 おとなの事情 (4月29日鑑賞)

 

イタリア映画『おとなの事情』 . 昼ドラっぽいのにリアリティたっぷりの人間ドラマ。笑あり下ネタあり感動ありシュールさありで、すごくおもしろい映画でした。 . 仲良しグループで面白半分に始めたあるゲームが、暴いてはいけないそれぞれの秘密を次々暴いてしまうストーリー。. その秘密というのがタイトル通り、リアルに“あるある”な大人の事情で、客席からは何度も笑い声が上がります。. おそらく作中でいちばんリアリティを感じる、なんともシュールなラストは必見。「日々の生活において、真実なんて別に重要じゃない」と囁かれた気持ちになりました。. オシャレ系映画かなと思いきや、地に足のついた空気感の会話劇で、カップルでも友達と観ても楽しめる1作です! . 《あらすじ》. 月食の夜、ディナーを囲んだ7人の男女があるゲームを試みた。この席でそれぞれのスマホにかかってきたすべての連絡を公開する、というもの。. 「秘密なんてない」と軽い気持ちで始めたはずが、着信音が鳴るたびに、親しい人たちの知られざる素顔に直面する。. 裏切り、失望、口にしてはいけない本音が1室の中で飛び交い、愛情も友情も粉々に。果たして彼らはどんな結末を迎えるのか? . #映画 #イタリア #おとなの事情 #新宿シネマカリテ

かぼちゃさん(@kabo_cha123)がシェアした投稿 -

 

おとなの事情
Perfetti Sconosciuti
監督 パオロ・ジェノベーゼ
キャスト ジュゼッペ・バッティストン、アンナ・フォッリエッタ、マルコ・ジャリーニ
作品詳細 イタリア、2016年 

 

大切な人のスマホって見たい?大人のためのハラハラコメディ! - table pumpkin

 

 

第6位 50年後のボクたちは (10月7日鑑賞)

 

50年後のボクたちは
Tschick
監督 ファティ・アキン
キャスト トリスタン・ゲーベル、アナンド・バトビレグ・チョローンバータル
作品詳細 ドイツ、2016年 

 

  

第5位 パターソン (8月26日鑑賞)

 

パターソン
Paterson
監督 ジム・ジャームッシュ
キャスト アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ファラハニ
作品詳細 アメリカ、2016年 

 

犬の名優賞「パルム・ドッグ」その名演技から目が離せない!『パターソン』 | ヌートン 新たな情報未発見メディア

 

 

第4位 午後8時の訪問者 (4月?日鑑賞)

 

午後8時の訪問者
La fille inconnue
監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ(ダルデンヌ兄弟)
キャスト アデル・エネル、オリビエ・ボノー、ジェレミー・レニエ
作品詳細 ベルギー・フランス合作、2016年 

 

 

第3位 グッド・タイム (10月24日鑑賞)

 

グッド・タイム
Good Time
監督 ジョシュア・サフディ、ベニー・サフディ(サフディ兄弟)
キャスト ロバート・パティンソン、ベニー・サフディ
作品詳細 アメリカ、2017年 

 

モテるのは顔がパティンソンだからじゃない!映画『グッド・タイム』 - table pumpkin

 

 

第2位 ローサは密告された (8月5日鑑賞)

  

ローサは密告された
Ma' Rosa
監督・製作総指揮 ブリランテ・メンドーサ
キャスト ジャクリン・ホセ、フリオ・ディアス
作品詳細 フィリピン、2016年 

 

クールだわ~…と見とれた男は小物だった映画『ローサは密告された』 - table pumpkin

 

 

第1位 笑う故郷 (10月14日鑑賞)

 

映画『笑う故郷』 . すごくよかったです!. ノーベル賞作家が故郷の田舎町を40年ぶりに訪ね、様々な人間喜劇が巻き起こるストーリー。 . 当初は客席から何度もクスクス笑いが起きていたのですが、クライマックスが近づくにつれ、気がつけば笑えない展開に。 . ジャンルとしてはヒューマンコメディ?なんですが、ちょっとサスペンスでもあります。. 閉鎖された村の中で徐々に何が狂っていく。村人も作家も。 . お客さんの年齢層が割と高め(たまたまかも)だったのですが、20代の人が観ても全然楽しめると思います! . #映画 #笑う故郷 #岩波ホール

かぼちゃさん(@kabo_cha123)がシェアした投稿 -

 

笑う故郷
El ciudadano ilustre
監督・撮影 マリアノ・コーン/ガストン・ドゥプラット
製作総指揮 アルゼンチン)ビクトリア・アイセンスタット(スペイン)マヌエル・モンソン/フェルナンド・リエラ/エドゥアルド・エスクデロ
キャスト オスカル・マルティネス、アンドレア・フリヘリオ
作品詳細 アルゼンチン・スペイン合作、2016年 

 

人の本性は笑える?怖い?コメディ映画『笑う故郷』がおもしろ怖い! - table pumpkin

 

 

 

趣味がある人にはインスタおすすめ

私はSNSはあんまり好きじゃない。「フォロワーが増えない」とか「いいねがつかない」とかクヨクヨ気にしてしまうタイプだからだ。ましてInstagram・インスタと聞くと、おしゃれな人が使う印象だったので、ツイッター以上にハードルの高いものを感じていた。

でもこうして振り返ると写真付きの映画記録になっていて、やってみてよかったと思う。感想にしても一言二言でもアップできるので、ブログと違って気楽だ。何より観た映画をコレクションするのは、アルバムを作るようで楽しい。

もし私と同じように「インスタ、うーん」と思っている人がいたら、フォロワーとかいいねとかおしゃれとか気にしないのであれば、趣味のアルバムとしてインスタはおすすめである。読書記録にしてもグルメ記録にしても手帳にメモするより写真がある方が、後で振り返った時におもしろいよ。