table pumpkin

韓国サスペンス映画『殺人の告白』に見る、役者のルックスの重要性

22年目の告白 -私が殺人犯です-』がいよいよ来月公開ということで、本家のほうをレビュー。

韓国のサスペンス映画『殺人の告白』である。

 

f:id:kabo123:20170530133105j:plain

Amazon/殺人の告白 [DVD]

 

本作はすでに時効をむかえた連続殺人事件、その真犯人を名乗る青年・ドゥソクがメディアの前に現れたことで、大騒動が巻き起こるストーリー。

 

ドゥソクを演じるのは韓国の人気俳優パク・シフ

切れ長の瞳に化粧品のイメージガールばりの美肌、スリムで長身な体型。一見「この優男め!」の悪態がジャストフィットしそうなのに脱いだらムキムキという、少女漫画王道タイプのイケメンだ。

 

ドゥソクと対決するのは、時効まで事件を追い続け一度は犯人に肉迫した担当刑事・ヒョング

ほどよく薄汚れた雰囲気と、敏腕刑事じゃなければ反社会的勢力の人としか思えない鋭い眼光を持つ男くさいタイプのイケメンで、韓国のベテラン俳優チョン・ジェヨンが演じる。

 

あらすじを読んだときはシリアスなスリラーかと思ったが、「アクションエンターテインメント」とある通り、エンタメ性の強いアクション作品だった。

 

追って追われてカーアクションは迫力満点だし、ボーガン使いやヘビ使いという"強すぎる一般人"も登場するし、さらに後半では「そうか、お前も強かったな」という"第三の男"も登場。

 

とにかく派手、ところどころボケ(ミーハー女子高生など)も挟み、一瞬たりとも観客を退屈させないおもしろさである。

 

さらにこの映画のすごいところは、これだけアクション・エンタメに比重を置いているのに、サスペンスとしても練られているところ。

 

実はあらすじを読んだ段階で「こういうことかな」と予想していた真相があった。

そしてクライマックスであきらかになった真相の半分はその予想していたものでアタリだったのだが、もう半分は全く予想外のもの。

 

「あー、なるほど!」真相を知って全てがストンと腑に落ちる感覚という、サスペンスの醍醐味を味わわせてもらった。

 

 

そんなおススメ映画な本作だが、実はもう1点、非常に興味深いポイントがあった。

役者さんのルックスである。

 

本作は、物語の前半はドゥソクとヒョングの2人を軸に進むのだが、後半に入る頃に“第三の男”、Jが登場する。

 

このJというのがもー、国境を越えてどこまでもブサメンで通るブサメンなのだ。

 

別にフォローではなけれど、顔のつくりだけみれば騒ぐほどブサイクではない。普通だ。

にも関わらず、誰もが生理的嫌悪感を抱かずにはいられないほどのブサメンに仕上がっている。これは役者さんの力だろう。

 

ともあれJはSクラスのブサメンなのだが、そのルックスが本作のクライマックスで非常に重要な効果を発揮している。

もしJまでイケメンだったらクライマックスのどんでん返しにあれほどのインパクトはなかっただろう。

 

ネタばれになるので詳しくはかけないが、一言でいうなら「イケメンが輝くにはブサメンが必要」という話だ。

「俗悪な人がいるからこそ清廉な人が輝く」とも言えるかもしれない。

 

しみじみ思ったのは、映画というのは映像の作品なんだなあということだ。

本作は映画における役者のルックスの重要性を思い知らされる1作でもあった。

 

 

★『殺人の告白』が観られる動画配信サービスはこちら!

 

 

f:id:kabo123:20170917111636p:plain