table pumpkin

『イタリア映画祭2018』いよいよ開幕!注目はコメディ

 

f:id:kabo123:20180427203553j:plain

 

明日4月28日(土)より東京・有楽町にて『イタリア映画祭2018』が開催される。上映されるのは2017年以降に製作された日本未公開新作14本と、それらと関連のある旧作5本、計19作のイタリア映画。

GW恒例の映画イベントであり、今年で18回目を迎える。東京会場での開催期間は5月5日(土)までの8日間。その後5月26、27日(土、日)に大阪会場にて19作中7作品が上映される。

 

www.asahi.com

 

ラブストーリー、サスペンス、ヒューマンドラマ、社会派作品など、そのラインナップには多彩なジャンルが並ぶ。そのなかでもとりわけ目を引かれるのがコメディだ。

 

まず本年度映画祭の目玉作の1つであろう『いつだってやめられるー名誉学位』。

社会から冷遇される学者たちが合法ドラッグ製造で一発逆転を狙うという、皮肉たっぷりの痛快コメディシリーズ完結作だ。

 

f:id:kabo123:20180427204843j:plain

(映画祭公式サイトより)

 

シリーズ1作目『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』は6月下旬より開催される『Viva!イタリア vol.4』で上映予定、2作目『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』は5月下旬より全国順次公開予定である。
※1作目と2作目が逆でしたので訂正いたしました。ゴメン!

 

映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』公式サイト

映画『Viva!イタリアvol.4』オフィシャル・サイト

 

コメディ作では主演パオラ・コルテッレージ主演、リッカルド・ミラーニ監督作の『環状線の猫のように』も見逃せない。

2人のタッグから生み出されるユーモアには、ポジティブ女子が男社会の建築界で大奮闘する様子を軽快なタッチで描いたヒット作『これが私の人生設計』で魅了された人も少ないくないだろう。

 

f:id:kabo123:20180427211314j:plain

(映画祭公式サイトより)

 

また、紹介文にはコメディと明記されていないものの、つい笑いを期待してしまう作品もある。『ザ・プレイス』だ。

メガホンをとるのは『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督。前作ではスマホを用いたシチュエーションコメディでシュールな笑いを巧みに演出していたが、本作ではとあるカフェに居続ける謎の男を中心にドラマを展開するという。

 

f:id:kabo123:20180427210209j:plain

(映画祭公式サイトより)

 

大御所監督から新鋭監督、アート作からエンタメ作まで、良質なイタリア映画を幅広く堪能できる『イタリア映画祭』。

イタリア好きも映画ファンも、なかなか日本のスクリーンでお目にかかるチャンスのない作品たちを、この機会にぜひ鑑賞してみてほしい。

 

 

いつだってやめられるー名誉学位

東京:4月30日(祝)18:40〜、5月5日(土)15:20〜
大阪:5月27日(日)16:20~

環状線の猫のように

東京:5月2日(水)10:20〜、5月5日(祝)13:00〜
大阪:5月27日(日)14:00~

ザ・プレイス

東京:5月1日(火)10:20〜、5月4日(祝)15:55〜
大阪:5月27日(日)18:40~

 

映画祭公式サイトはこちら→

■東京会場

期間:4月28日(土)〜5月5日(土)

場所:東京都千代田区有楽町2-5-1 マリオン11階 有楽町朝日ホール

上映スケジュールはこちら→

■大阪会場

期間:5月26日(土)、5月27日(日)

場所:大阪市福島区福島1-1-30 ABCホール

上映スケジュールはこちら→

 

 

www.kabo-cha.com

www.kabo-cha.com