table pumpkin

マブリー最新作『犯罪都市』は『哀しき獣』とセット観がおすすめ!

f:id:kabo123:20180430092554p:plain

 

韓国で『アジョシ』超えの大ヒットを記録したバイオレンス・アクション映画『犯罪都市』が公開中だ。

主演は『新感染』で漢気あふれる活躍を見せた、マブリーことマ・ドンソク。一見ぽっちゃり体型ながら中身は全部筋肉というダイナマイトボディを誇る、今注目のアクション俳優である。

 

本作がどんな映画かについて、非常に明快かつ的確な表現をツイッターで見つけた。

 

 

そう、本作は完全にマ・ドンソクのアイドル映画である。『アジョシ』がウォンビンのウォンビンによるウォンビンのための映画だとしたら、『犯罪都市』はマブリーのマブリーによるマブリーのための映画なのだ。

 

 

********

 

 

物語の舞台は2004年の韓国・ソウル。警察の強力班に在籍する刑事・ソクト(マ・ドンソク)の尽力もあってバランスを保っていた裏社会が、中国から乗り込んできた新興犯罪組織の暴走により市民を巻き込む混乱に陥っていく様を描く。

 

バイオレンス描写は堂々たる韓国ノワール王道だ。武器は匕首(短刀)と斧。飛び道具(銃)はなし。一、二度刺されたくらいじゃ刺されたにカウントされない。悪役に余裕のある当初は「腕一本につき1000万だゼ」みたいにショー的な見せ方をするも、彼らが追い詰められていくにしたがって「なんじゃああ〜ッサクサクサク」みたいに生々しさを増していく。

 

それでいながら『アシュラ』などと比べてとても観やすい印象なのは、ひとえにマブリーの“かわゆさ”によるだろう。

 

マブリーと新興犯罪組織のボス・チェンが対峙するのはクライマックスになってからで、それまではほとんど顔を合わせることなく、それぞれ表と裏の最強キャラとして描かれる。

が、裏でチェンが凄まじい暴力と流血で最強の座を誇示しているのに対し、マブリーは常にお茶目でキュートだ。

 

容疑者に「弁護士を呼べ」と言われたら「ほら、弁護士のスタンさんだ」とスタンガンを取り出したり、敵キャラに「お前ひとりか?(ひとりで来たのか?)」と聞かれたら「おう、まだ独身だ」と答えたり、コワモテ刑事という役所ながらクライマックス含め、全編ボケに余念がない。しかもすべてのボケをあの、眉から鼻下までを中心にグッと引き寄せたあのマジ顔で言うのだからたまらない。

 

それでいて自分よりも一回りデカい相撲取りみたいな用心棒を、パンチ一発でノックアウトしたりする。最高である。映画館で映画を見る醍醐味、すなわち「赤の他人である他の観客と一緒になって笑う」を本作は存分に味わわせてくれる。

 

と、これほどマブリーの魅力全開のアイドル映画なのに、本作にはマブリーを食うともわからんほど、つい目を離せなくなり見終えた後も深い余韻を残してくるキャラが一人だけいる。先ほど触れた裏社会最強キャラ・チェンである。

 

『アジョシ』に登場する裏ライバルキャラのベトナム人殺し屋には「ワルだけど子どもには優しい」という優良ポイントがあるのに対し、本作のチェンは純度100%の凶悪。「俺の嫌いなことは2つだけ、借金を踏み倒されることと嘘をつかれること」と明言しているように、頭にあるのは金だけだ。そのためにナメられないよう情け容赦ない行動をとる。

 

「まあ、悪役も徹底していたらダークヒーローになるよね」という理由ももちろんあるのだが、もし映画『哀しき獣』を観たことがある人なら、それ以上の感情をチェンに抱くと思う。 なぜならチェンの一味は朝鮮族(韓国系中国人)だからだ。

 

『哀しき獣』は 本作と同じく、韓国ノワール映画。主人公・グナムは朝鮮族(韓国系中国人)の男だ。

朝鮮族の人々の多くは生活が苦しく、韓国に出稼ぎに出るという。グナムの妻もそのひとりで、彼女のビザを取得するためにグナムは借金を背負う。ところが韓国へ行った妻から仕送りはおろか音信さえなくなってしまい、グナムは一人娘と母親を抱えて借金取りに追い立てられるはめに。

追い詰められたグナムは高額報酬の犯罪依頼を受け、顔も知らないある男を殺すべく、単身韓国へ乗り込んでいく。

 

メガホンをとったのは、韓国人監督のナ・ホンジン。彼は40%を朝鮮族が占める中国領を訪れた際、彼らの厳しい現実に愕然とし、「多くの朝鮮族の人が韓国に来ているのに、自分はそのことについて知らなすぎる」との思いからこの作品を作り上げたのだという。

 

youpouch.com

 

この物語では、紆余曲折のはてともかく依頼を完了したグナムに対し、依頼主の男は連絡を断つ。報酬はもちろん中国への帰りの船さえ手配しない。そう、グナムはヒットマンではなく鉄砲玉とみなされていたのだ。

当初はケンカっ早いが気の小さい普通の男だったグナムは、孤立無援のなか生き延びるために“獣”と化し、哀しい運命をたどる。

 

先に『哀しき獣』を観ていると、どうしても本作『犯罪都市』のチェンがグナムとダブってしまう。いや、基本は善だけど手を血に染めてしまったグナムに対し、チェンは生粋の悪だけど、それでもグナムを知っているとどうしてもチェンの背景に思いをはせたくなってしまうのだ。金への執着、ナメられないための残忍さ。それをチェンはどこから学んだのか。

狂犬にしか見えない絶叫をあげるラストを見ると、どうしても「彼もやっぱりグナムなんだろうか」と思わずにいられないのだ。

 

 

********

 

 

長くなってしまったが、コメディとバイオレンスどちらのクオリティも高い『犯罪都市』 はアクション映画好きにぜひおすすめしたい。

 

そして、単品でも表のマブリーの魅力を堪能できる作品だが裏のチェンの魅力も噛み締めるために、ぜひ『哀しき獣』もあわせてみてほしい。作品としても陽と隠の面持ちのこの2作は、セット観するとおもしろさが2倍にも3倍にもなること請け合いだ。

 

 

『犯罪都市』公式サイトはこちら

 

 

★マブリー出演作ならこちらも! 

www.kabo-cha.com